2008年11月22日

本 - 博士の愛した数式 by 小川洋子

小川洋子著「博士の愛した数式」を読んだ。

元々は数学好きの同居人のために買ってきて置いてあった本である。
たまたまテレビで番宣を見て何となく興味を持って読み始めた。

事故で80分の記憶しか持てなくなった数学博士と家政婦さんとその息子さんの話しである。様々にちりばめられた数字の世界が美しい。

特に気に入った表現がこれ。
eのπi乗+1=0という式を「予期せぬ宙からπがeの元に舞い下り、恥ずかしがり屋のiと握手する。彼らは身を寄せ合い、じっと息をひそめているのだが、一人の人間が1つだけ足算をした途端、何の前触れもなく世界が転換する。すべてが0に抱き留められる。」

文章が美しく、博士の80分の記憶が壊れていくのがさみしくて、読み終わってもの悲しく、考えにふけってしまった。

余談だが、私は数学が大の苦手で、高1と高2の時は数学の勉強を拒否して高3になって3年分勉強した。
大学に入ってからは授業が全くわからず、追試の前に先生に「私は勉強しても数学は出来ません。こんな学生を留年させても無駄だと思うので通してください。」とお願いしに行った。
先生は苦笑いして呆れていたけど最低点で通してくれ、私が奇跡的に留年しなかったのには実はこんな背景があったのだった。

「博士の愛した数式」を大学時代に読んでいたらきっと数学に対する印象もずいぶん変わっていただろうと思い、本を閉じた。


posted by marimari at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。