2009年03月26日

一人で生きる(実務的な見地から)。

実家は昔の新興住宅街にある。
両親との折り合いが悪く、大学3年の時に実家を離れたのでかれこれ20年近くも実家には住んでいない。
転勤族だった父の影響か、私も千駄木、本郷、仙台、板橋、中野と転々としてきた。
そして流れ着いたT市。何年住むことになるのだろうか・・・。

という感慨はさておき、一人で生きるのはなにかと大変である。
何が大変って、引越の手配やら役所での事務手続きやら、何から何まで私の代わりには誰もやってくれないということである。

もう慣れたけど。

昨日はPCの設定に明け暮れた。
PCがお手軽になったってほんとなんだろうか? プロバイダを乗り換えたため、モデムもルーターも変わり、一から設定し直し。
w○nnyなんて使ってる私が悪いのかもしれないけど。P2Pを快適にするためにプロバイダも乗り換えたんだけど。
何でかポート警告が出まくってw○nnyが落ちる。w○nny、ポート警告で検索、はあ、windowsとウィルスソフトのファイヤウォールの設定、ルーターのポートの開放。全部やってあるんだけどなあと思いながらもう一度チェック。静的IPマスカレードの設定ってなんですか???

NTTから新たに送られてきたルーターの調子が悪く、前に使っていたルーターを引っ張り出してつなげていたため、前の設定と新しい設定が混在していたのが原因と判明。解決。

次、メールの送信ができない。
それも以前のプロバイダと送信の手続きが違うためと判明。解決。

一人暮らしが長いせいか、なんでも自分でできるのが当たり前と生きてきたせいか、こういう不具合にはめっぽう強い。
今ではネットで調べられないことはほとんどないので、全部ネットで検索、自分で解決できなかった問題は思い当たらないような・・・。前出の「静的IPマスカレードの設定」という言葉はわからなくても、それで何をしたいのかは何となくわかるし・・・。

不具合を自力で解決したときの高揚感はとても気持ちが良い。しかししばらく経って冷静に考えてみたとき、こういうことを男性に任せられない私の人生って・・・、と非常に孤独を感じるのはなんでだろうか?

と、こんなことを書いていたら、会社の先輩から車を譲り受けたときに、業者に支払う手数料がもったいない、という理由から、警察への車庫証明の申請やら陸運局への名義の変更の手続きやらを、全て本で調べて(当時はネットが普及していなかったので)自力で行ったことを思い出した。

うーん。
posted by marimari at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116293134

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。