2007年05月25日

音楽 - MUMU 

2007_0525MUMU0001.JPG2007_0525MUMU0032.JPG2007_0525MUMU0033.JPG







金曜日、やっと週末。

今日はいろんな意味ですばらしい日であった。

まずはお仕事。
2年ぶりのフルタイム勤務一週間皆勤。
2年前に10年勤めた会社をうつ病で辞めてからというもの、17時から5時間勤務だったナイトセクレタリーを除くと、朝からのお仕事はどうもうまくいかなかった。

それが薬を減らして調子よく、なんと無遅刻無欠勤。
レベルの低い話ではあるが、普通の人にはわからないだろう、毎日朝起きて、家を出ることのつらさ。
それを乗り切った。素直にうれしい。


お次はMUMUライブ。

同居人中根信博が参加しているドラム、キーボード、トロンボーンという何とも不思議な組み合わせのユニット。

演奏される曲はすべてドラム植村昌弘によるものでありアングラというかプログレというか・・・、私にはよくわかりません。迫力あり見応えありということは言えるので、是非一度ライブにお運びください。

久々のワンマンライブであり、楽しみにしていた。

もう一つ楽しみがあった。植村さんが私をモチーフに曲を書いてくれたとのこと。
いわく、躁鬱病患者の気分の浮き沈み、そして私の人となり(有り体に言えば、でぶ)を表現したとのことで、彼の中では最近の久々のヒットだそうだ。

月末の金曜日は事務所でフライデーパーティーがあるため、ぎりぎりに入谷なってるハウスへ。

お、意外にお客さん入ってる(8人くらい?)。

今日のセッティングはトロンボーンのベルが30度振りくらいでこちらを向いている。

始まる。
同居人の調子も良いようだ。スピーカーから出る音と、ベルから出る生音が混じり合っていい感じ。

2曲目。私の曲。2007年の5番。
トロンボーンが私の重さを表現しているらしいが、いいじゃん。かっこいいじゃん。

無事1部が終わり2部へ。
同居人、明らかにパワーダウン。
あれっと思って終了後に聞いてみると、最近は対バンばかりだったため、ペース配分を間違えたとのこと。
それでも後半は持ち直し、無事終了(ほんとは無事ではなかったらしい、植村さんも結構間違えたって言っていたけど、私にはわからなかった)。

いい気分の同居人はおいしそうにライブ後のビールを飲む、そして焼酎を飲む。

帰り道はいつもの通り、酔っぱらいを連れて帰るのに大変であったが、
非常に充実した一日であった。







ラベル:音楽 ライブ
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。