2007年06月08日

うつ病 - 友達って選んでいいんだ。

友達だと思っていた人と縁を切ることにした。
そう決めてしまったらすっきりした。

きっかけは私が悪かった。
でも「こういう訳だったの、ごめんね。」とメールした私に、「なんかずれてるんだよね。大人になりなよ。」と乱暴なメール。
そのあと直接会って「悪かったと思っている、ごめん。」って話したときも「病気なら私もなったことがあるからわかる。病気のせいにしないで。」、「前から友達にはなれないと思っていた。」と不機嫌あらわ。
あげくに、メールはいろいろ誤解を与えたりするから直接話したかった、という私に、「メールだってしっかり読み直せばちゃんとしたのが書けるでしょ。」。

はあ?どの口が言ってるんですか?

私は妙に冷静になってそれを聞いていて、彼女のばか騒ぎ的なノリも、酔ってはすぐに誰それかまわず悪口を言い出す態度など、私も好きになれなかったから、お互い様、と思っていた。

それが頭で割り切っても心は深く傷ついたようで、そのあと一週間私は立ち直れず、出勤もできず、電話も怖くて半分無断欠勤のような形で、電話線を抜いて、携帯の電源も切って、ただ時間がたつのをぼーっと見ていたんだけど。

こんなに長いうつ症状は1年ぶりぐらいだなあと思う。
せっかく半年くらい前から薬も減ってきていたのにまた悪くなっちゃったのかなと思う。

でも同居人にいわせると、確実に底上げされてはいるらしい。リストカットもしなかったし、OD(オーバードーズ:薬の大量服用)もしなかったし。

いろんな人が声をかけてくれた。「メールは人によって受け止め方が難しいのに、そんな無神経なメールを書くのはそっちの方がよっぽど大人じゃない。」、「そんな風にわかるっていう人は間違ってる。」、「そんな人とは友達でいる必要ないよ。」って。

一週間たって、そんなみんなの声に後押しされて、やっと立ち直った。
今の職場は辞めたくないから、来週からはちゃんと会社に行って「もう一度チャンスをください。」って話してみようと思った。
ラベル:友達 うつ病
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。