2007年12月26日

六本木で秘書 - 慶応大学通信教育課程。

さて、昨日の続き。タイトルの「I shall rise again.」は大学生のときに聴いた、吹奏楽曲の題名である。邦題、「復活」。

shallは強い意志を表す、と習ったことを覚えている。でも確か、大学受験までの英語でshallを使う機会はあまりなかったはず。でもその曲のタイトルを知ったとき、「私は必ず復活する。」という強い意志を感じたのである。

Blogを再開するに当たり、タイトルはこれにしようと、ずいぶん前から考えていた。今の私にぴったりの、I shall rise again.


3年ほど前に1年間法科大学院に通っていた。うつ病がひどく社会人を続けられず、あわてて選んだ別の道。同じ志を持つ友達ができ、出席できた授業は楽しかった。しかし、いかんせん、うつ病が一番激しかったころである。毎日は授業に出席できない。試験も受けられない。学費は高い。留年はできない。辞めるしかなかった。

それでも法曹界への夢は捨てられずにいる。

慶応大学通信教育課程法学部甲類。

今持っている学生証である。今年の10月に学士入学した。入学時は書類選考のみ。多分誰でも入れる。でも無事学士を取得できるのは何パーセント?大学側は卒業率を公表していない。

私も10月に教材をもらってから、同時期に今の事務所で働き始めたこともあって、ほとんど何もできずに1/4年過ぎてしまった。
通信教育課程の形式はこうだ。各学期(前期、後期)の始まりにテキストが送られてくる、あるいは市販テキストが指定される。同時に2年分のレポート課題が送られてくる。私たちは(多分)年4回ある試験に向かって、独学する。試験前にレポート提出。これが受験資格。レポートで合格して、試験に合格して、初めて単位取得となる。

勉強方法を模索していたこともあり、12月上旬のレポート締め切りには一つも間に合わなかった。あきらめて、1月の試験では仮認定となっている英語のみ6単位取得を目指す。
まあ、トランスレーターを目指す身にはこんなところでこけてはいられないのだけど。

並行して、次のレポート締め切りに向け、勉強を始める。私的な考えではあるが、憲法はすべての法律の基本、だからまずやる。民法は今いるような渉外法律事務所では知っていて当たり前。翻訳にも必要な知識。たしか総則と物権法と債権法に分かれていたと思う。(債権各論と債権総論も分かれていたか?) これも全部とるぞ。あとは英米法は知っているべきだろうし…。考えるのは無料(ただ)だから。

最短在学期間の2年半で卒業するのはすでに無理ぽであるが、3年で卒業はまだ射程範囲内。

頑張れ私。
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 秘書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

民法 III [第3版] 債権総論・担保物権
Excerpt: 一般学生目線で書きますので、研究者や実務家の先生(の卵)はスルーしてください。これまで、内田民法が民法学習書のシェアを独占していた主な理由としては、1.ケースを使った具体的叙述、2.分量が適当、3.著..
Weblog: 法律を極める
Tracked: 2008-02-06 11:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。