2008年01月09日

目指せ翻訳家 - 初めの一歩

年賀状に「新しい夢ができました」と書いた。
それはリーガルの翻訳家になること。さらには通訳にも。

きっかけは多分前の事務所で日本語の契約書が修正された箇所を英文契約書に反映させる、という仕事をさせてもらったこと。法律の専門用語の訳し方がわからず、悪戦苦闘したものの、とても面白かった。

それと、今の事務所に入るとき、面接で私の略歴を聞いたOA(オフィスマネージャー)が、「それなら翻訳をやってみない?」と言ってくれたこと。勤務初日に翻訳のテストを受けさせてくれて、合格。結局まだ実務経験がないから&私としても朝から働くのは無理があるから、ということでその話は流れたが、漠然と翻訳を今後の仕事にしたい、という思いは残った。

年末、以前から気になっていた日本最大の翻訳家ネットワーク「アメリア」に入会。年始にパスワードが届き、早速チェック。ボランティア翻訳に登録し、仕事も一つ応募してみた。

1/7にトライアルの英文が届く。「英語を逐語的に訳すのではなく、日本語として読みやすく、説得力のある文章に」という指示がついていた。一つは広告、一つはインタビューの文章で、短いものではあるが日本語としてスムーズに読めるものにするため頭をひねる。夜に返送するも次の日あっさり不合格。早々都合よく行くはずなく、また他のアメリア会員さんの話を読んでも「初めは不合格ばかりだが…。」ということだったのだが、ここは初心者の強気というかずうずうしいというか、どこがいけなかったのかまったくわからず、「どうぞ不合格の理由を駆け出しのかの字にも至らない翻訳家志願者に教えてください。」とメールを出す。

そして今日の朝、電話がなる。
「O社のOですが。」
なんと、担当者(そして代表取締役)自ら電話をくれたのだ。
メールに返信しようとしたが電話のほうが早いと思って電話したとのこと、訳文を手元にプリントアウトしてかけ直してくれと言われる。
あわてて準備をして電話。
「こんな風にアドバイスしてあげても私には何の得にもならないんだけどね。」と言いつつ、30分もびっちりアドバイスをくれた。訳文は赤だらけである。
訳が論理的でない、日本語の感性が足りない、ものすごくうるさい他人の目で訳文を読み返しなさい、など自分では気がつかなかったポイントを次々指摘され、どれも納得できるものばかり。
「ここまでしてあげたんだから、再提出しなさい。」と言われてははーとばかりに頭を下げる。

ああ、なんて素敵な人だろう。
ほんとにその人には何のメリットもないのに、見ず知らずの私に明快な道筋をくれて。

涙が出るほどうれしかった。私の翻訳家への道はすばらしい第一歩になった。

Oさんの指示に従い赤をいれた原文は、きちんとカラーコピーをとり、永久保存版となった。
posted by marimari at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユタカです

やりたい仕事が見つかって良かったね
英語翻訳って結構レベルが高いんだね

「日本語として読みやすく、説得力のある文章」って言うのがなかなか難しい
日本語は「てにおは」の使い方で全然違う意味になるもんね

これはWebの世界でも同じだと思う
文章の書き方一つで商品の売れ行きが違うからね

ジャンルは違うけどこの本が参考になるかも
短い文章で的確な表現をするトレーニング本だから
著者の竹内謙礼って人はWeb業界では結構有名だよ!!

ネットで稼げるコピーが3日で書ける! セールス文章実践ドリル

アマゾンとかで調べてみてはいかが?


Posted by ゆたか at 2008年01月11日 16:26
ユタカさん、英語に劣らず日本語難しかったです。甘く見ていました。でも負けないもん。

「ネットで稼げるコピーが3日で書ける! セールス文章実践ドリル」情報ありがとうございます。早速amazonで注文しました。

昨日翻訳関係の本を読んでいたら「初めの2、3年くらいはいろいろ調べるために本を買わなければならないのでかなり出費かも」って書いてありました。

時給制の身には痛い・・・、今月休み多いから・・・。

それにしてもseesaaブログ、コメント入っているのに0って・・・、何とかならないかしら。
Posted by marimari at 2008年01月13日 00:03
その手のトライアルって、全部不合格にして、その会社がやってる翻訳家養成講座に誘導するのが目的だから、あんまり真に受けない方がいいですよ。
トライアルと称して、ただで仕事をさせる会社もけっこう多い。気をつけてください。
Posted by 松田 at 2008年11月22日 15:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。