2008年11月22日

本 - 博士の愛した数式 by 小川洋子

小川洋子著「博士の愛した数式」を読んだ。

元々は数学好きの同居人のために買ってきて置いてあった本である。
たまたまテレビで番宣を見て何となく興味を持って読み始めた。

事故で80分の記憶しか持てなくなった数学博士と家政婦さんとその息子さんの話しである。様々にちりばめられた数字の世界が美しい。

特に気に入った表現がこれ。
eのπi乗+1=0という式を「予期せぬ宙からπがeの元に舞い下り、恥ずかしがり屋のiと握手する。彼らは身を寄せ合い、じっと息をひそめているのだが、一人の人間が1つだけ足算をした途端、何の前触れもなく世界が転換する。すべてが0に抱き留められる。」

文章が美しく、博士の80分の記憶が壊れていくのがさみしくて、読み終わってもの悲しく、考えにふけってしまった。

余談だが、私は数学が大の苦手で、高1と高2の時は数学の勉強を拒否して高3になって3年分勉強した。
大学に入ってからは授業が全くわからず、追試の前に先生に「私は勉強しても数学は出来ません。こんな学生を留年させても無駄だと思うので通してください。」とお願いしに行った。
先生は苦笑いして呆れていたけど最低点で通してくれ、私が奇跡的に留年しなかったのには実はこんな背景があったのだった。

「博士の愛した数式」を大学時代に読んでいたらきっと数学に対する印象もずいぶん変わっていただろうと思い、本を閉じた。


posted by marimari at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

TIME7題勝負 - 08/1/21号 Tone Language.



08/01/21TIME誌より、Tone Language. In Japan, cell phopnes are the novel way to read and write books

<タイトル>
タイトルのtone languageで早くも詰まる。直訳すると音調言語、「言語は明らかな抑揚を持つものと,それ以外に分かれる。中国語や西アフリカのヨルバ語などの「音調言語」では,抑揚の違いで単語の意味が違ってくる。例えば中国語では,「マ」を高音で平坦に発音すると「母」の意味となるが,低音から尻上がりに発音すると「馬」を意味する。これに対し英語の場合,抑揚は感情を表すことはあっても,意味には影響しないのがふつうだ〔この区分の有名な例外が日本語で,箸と橋など,音節(専門用語でモーラという)の抑揚によって単語の意味が異なってくる場合がある〕。」とのこと。

サブタイトルが「日本では携帯が本を読んだり書いたりするための新しい方法になってきた」なので音調言語ではちょっと変だ。
苦しいが「言語の傾向」と訳そうか。

<要約>
日本では携帯電話を使って書かれた小説がベストセラーになっている。作者、読者は10代から20代の女性。大手出版社の調査によると2007年フィクション部門でベスト10のうち5冊までが携帯小説を出版したものだという。低迷が続いている出版業界では新たな携帯小説作家の発掘に躍起である。
しかし携帯というメディアによる制約を受け、会話や描写はシンプルで内容さえもありきたりだ。
「ほとんどの携帯小説はラブストーリー。たいてい主人公が初恋の相手を失い、次の愛を見つけるために様々な困難に打ち勝つというもの」
「ほとんどが個人の体験談ばかり」
それでもこういったことは携帯小説の読者にとっては問題にならないようだ。
ある女子学生は携帯小説を中傷され怒りをあらわにこう書いた。「なぜあなた方は私を感動させる小説を書かないの?」
日本の既成の文壇の、この問いに対する答えはまだない。


英語力UPのためにTIME誌の購読をスタート。飽きっぽい私には、放っておけば未読のTIMEの山ができることは目に見えている。

いい英語の文章を読むこと、それを要約することは、とてもいい訓練になるとどこかに書いてあったのでブログ上でやってみることにした。
昨夜寝ながら読んでいた記事を今朝、早速書き出してみる。
結構難しいです。

TIME7題勝負とは1週間に一度TIMEが届くので、一日一記事は読みましょう、という努力目標です。
タグ:Time
posted by marimari at 08:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

本 - 反転 闇社会の守護神と呼ばれて by 田中森一 

元特捜検事・弁護士田中森一による「反転 闇社会の守護神と呼ばれて」を読んだ。私が法律事務所に勤めていることを知って行きつけのNiceなカウンターバー、日登美のマスターが貸してくれたのである。

帯に「伝説の特捜エース検事はなぜ「裏」世界の弁護人に転向したのか。」とある。著者は石橋産業事件をめぐる詐欺容疑で東京地検に逮捕、起訴され、現在上告中だそうだ。

普段私は割と本を読むのが速く単行本程度であれば2,3日といったところなのだが、著者の赤裸々な極貧生活の描写、晴れて検事となってヘリコプターで凱旋里帰り、弁護士になって湯水のようにお金使いたい放題(バブルの時だから)などの、自己顕示したがる感じの語り口にはどうもなじめず、前半終えるのに時間がかかってしまった。

しかし、今まで勤めた法律事務所はすべて渉外事務所ということもあり、検察庁の裏側、政治家と金、フィクサーの存在など、唖然とすることも多かった。また株で損している私にとっては、仕手筋の手法など興味深い面もあった。

著者が弁護士に転向した理由は、(私のつたない描写で申し訳ないが)、東京地検特捜部に配属となり、事件に向かうに際し、事件の筋書きはあらかじめ上層部や政治の絡みで初めから決められている、その筋書きに沿わない調書を取っても上層部に書き直しをさせられる、検察とは正義ではなかったのか・・・、ということのようである。
読んだ限りでは検察庁の実態にあきれるばかりであり、転向の理由というのも納得させられた。

だがしかし、彼の生きている社会に踏み込みたいか、共感できるか、と聞かれれば、否、である。必要悪?そんな言葉が頭をよぎり、重い気分になった。

posted by marimari at 10:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

買い物 - ファイブスター物語

ファイブスター物語のデザイン集の第2弾が出たと小耳にはさみ、急にほしくなった本。

ファイブスター物語とは?
1986年から雑誌ニュータイプに連載された永野護原作・作画の漫画作品。ジャンルはSFに分類されるが、永野自身は「おとぎ話」であると公言しているとのこと。
詳しくはリンクを見てください。すごーく詳しく載っています。
思えばニュータイプは創刊時よりしばらく購入していました。プチおたくです。

<ストーリー>(Wikipediaより抜粋)
4つの恒星系(イースター、ウェスタ、サザンド、ノウズ)と長大軌道を持つスタント遊星により構成されるジョーカー太陽星団が、この物語『ファイブスター物語』の舞台である。星団には極めて発達しつつも緩やかに衰退を始めている文明が存在している。4つの太陽系の幾つかの惑星に居住している人類は、無数の国家を形成し、国家は互いに勢力を競っていた。

その国家間紛争の切り札が、「モーターヘッド」(作中ではMHと略して表記することが多い)と呼ばれる人型の巨大ロボットであり、過去の超文明の血を受け継ぐことにより超人的な戦闘能力を持ち、MHを操ることができるヘッドライナーたち(人々には「騎士」と呼ばれる)であり、その両者の仲立ちをする人工生命体が「ファティマ」である。

この物語は、数千年の歴史の中でジョーカー太陽星団において繰り広げられる、騎士・ファティマ・MHを中心とした文明と人々の営みの因果と帰結を描く壮大な叙事詩である。



↓右クリック、「リンクを新しいウインドウで開く」で開いてください。
タグ:買い物
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

買い物 - ゲド戦記

弟から電話があってゲド戦記が読みたいといわれた。

ゲド戦記といえば中学生の頃に読んでかなり面白いと思った記憶がある。そのときは図書館に3冊しかなかったのだけど、今調べてみたら外伝まで入れると6冊のセットが出ているらしい。

購入決定。今月のカードの支払いが怖い。
読後感想文はまた後日。





タグ:ゲド戦記
posted by marimari at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

買い物 - 改正薬事法の本 

仕事で必要だったのでお買い物しました。

posted by marimari at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

本 - 終戦のローレライ by 福井晴敏 

うつ症状が抜けてくるにつれ、少しずつ日常生活ができるようになり、福井晴敏著、「終戦のローレライ」全4巻を読破した。
5/23のブログで大量に買った文庫本の一部である。

第二次世界大戦の絡む物語というのは実は苦手で、敬遠していたのであるが、二日半で4冊、かなりのハイペースで読み終わった時には目も頭も痛かった。そのくらい没頭してしまう本だった。

<1巻あらすじ>
1945年、夏。彼らは戦っていた。誰にも知られることなく、ただその信念を胸に。
昭和20年、日本が滅亡に瀕していた夏。崩壊したナチスドイツからもたらされた戦利潜水艦・伊507が、男たちの、国家の運命をねじ曲げてゆく。五島列島沖に沈む特殊兵器・ローレライとはなにか。終戦という歴史の分岐点を駆け抜けた魂の記録が、この国の現在を問い直す。第22回吉川英治文学新人賞受賞。

<2巻あらすじ>
深海に沈む特殊兵器ローレライ その計り知れぬ“力”は、人類を破滅に導くのか……。
この国に「あるべき終戦の形」をもたらすと言われる特殊兵器・ローレライを求めて出航した伊507。回収任務に抜擢された少年兵・折笠征人(おりかさゆきと)は、太平洋の魔女と恐れられたローレライの実像を知る。米軍潜水艦との息詰る死闘のさなか、深海に響き渡る魔女の歌声がもたらすのは生か死か。命の凱歌、緊迫の第2巻!

<3巻あらすじ>
その日、広島は核の業火に包まれた。人類史上類を見ない大量殺戮の閃光が、日本に定められた敗北の道を歩ませ、「国家としての切腹」を目論む浅倉大佐の計画を加速させる。彼が望む「あるべき終戦の形」とは?その凄惨な真実が語られる時、伊507乗員たちは言葉を失い、そして決断を迫られた。刮目の第3巻。

<4巻あらすじ>
「ローレライは、あなたが望む終戦のためには歌わない」あらゆる絶望と悲憤を乗り越え、伊507は最後の戦闘へ赴く。第三の原子爆弾投下を阻止せよ。孤立無援の状況下、乗員たちはその一戦にすべてを賭けた。そこに守るべき未来があると信じて。今、くり返す混迷の時代に捧げる「終戦」の祈り。畢生の大作、完結。

この著者の本を読むのは「亡国のイージス」についで2冊目である。

まず興味を引かれるのがあたかも潜水艦に実際に乗り合わせているような気分になる、緻密な描写。
戦闘で被害を受け、酸素不足に陥った際などの描写では、こちらも息が詰まりそうになる。

きっちりと練られた人物の背景。
けして少なくはない、むしろ多いと言える登場人物を誰一人として軽んずることなく、背景豊かに描いている。

ローレライとは?
冒頭部から伏線はあるものの、実際に明らかになったときは心底驚く。

そしてあるべき日本の終戦の姿とは・・・?


この人は若い人物を主人公に据えるのだろうか、亡国のイージスでも如月行がダブルメインの一人として扱われ(なんと如月行のスペシャル本まで出版されている)、本作でも17歳の折笠征人が主人公といってもいいだろう。

だからだろうか、この人は∀ガンダム(ターンエーガンダムと読む)の原作まで書いているようだ。

そちらも是非読んでみたい気がする。







posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

CD - モーツァルト大全集ピアノ協奏曲編

mozart1.jpg
さて先日、5/17のブログで紹介したモーツァルトであるが、不思議なことが二つほどわかった。
一つめ。繰り返し聴いても飽きない。
二つめ。別のことをしながら聴いていてもじゃまにならない。

繰り返して聴いていても飽きないというのは同居人にも聞いてみたところ同じことを言う。
二つめに関しては、私はながら族ではないため、たとえば本を読みながら音楽をかけておく、ということができない。
ところがモーツァルトに限ってそれが可能なのである。

CDで謳っていた、心を落ち着かせる効果があるかどうかははっきりはわからないが、少なくともこの2点についてはほかの作曲家とは違う!と驚きを持って認識した。

それと同時に私がモーツァルト聴かず嫌いだったことも判明した。
聴いていてとても気持ちいい。

それで改めて別のCDを購入してみることにした。amazonで売れている順、評価で当たりをつけ、購入したのはモーツァルト大全集 第5巻:ピアノ協奏曲全集(全29曲)
私はピアノコンチェルト好きーである。チャイコフスキーのピアノコンチェルト1番、ラフマニノフの2番、聴いていて時に電車の中で涙が出るほど心を打たれる。

期待に胸をふくらませ、商品の到着を待つ。
いつものamazonの箱が届き、開けてみる、と3cmほどのCDがぽつんと入っている。
あれ?12枚組じゃなかったっけ?と中を見ると、なんと薄い紙のエンベロープにCDが12枚。
はー、すばらしい簡易包装。

内容はすばらしい。ピアノ演奏者はアシュケナージさんだったり、内田光子さんだったり。
ほんとに繰り返して聴いても厭きない内容のため、実はまだ5枚目までしか聴いていない。
今のところお気に入りはCD3の3台のピアノのための協奏曲と2台のピアノのための協奏曲かなあ。

同居人はディベルティメント集がほしいと言い、私はピアノソナタ集がほしいと思っている。
一年遅れ(2006年がモーツァルト生誕250周年でいろいろな企画ものが発売された)でやってきた我が家のモーツァルトブームはしばらく続きそうである。
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

本 - 奪取 by 真保裕一

今回も前回に引き続き、真保裕一の本から。
「奪取」。

1260万円。友人の雅人がヤクザの街金にはめられて作った借金を返すため、大胆な偽札作りを二人で実行しようとする道朗・22歳。パソコンや機械に詳しい彼ならではのアイデアで、大金入手まであと一歩と迫ったが・・・。涙と笑いの傑作長編サスペンス。(上巻あらすじより)

ヤクザの追跡を辛うじて逃れた道朗は、名前を変え復讐に挑む。だがその矛先は、さらに強大な敵へと向かい、より完璧な一万円札に執念の炎を燃やす。コンピュータ社会の裏をつき、偽札造りに立ち向かう男たちの友情と闘いを、ユーモアあふれる筆緻で描いた傑作長編。予想もできない結末に思わず息をのむ!!(下巻あらすじより)

文庫本にして上下2冊というボリュームながら、一気に読み通せてしまうのは、軽快なタッチのなせる技か。
解説に「話を作るのも書くのも苦労せず、締め切りの催促なく、その前にほいほい渡していった。全編に見られるノリの良さ。」とあるのはふむふむと思う。

偽札造りの工程で紙すき、すかしの方法、印刷技術など緻密に説明しているのも興味深い。一点、私の理系の頭をフル回転させても理解できない部分があったが、それは私が印刷技術を知らないからであって、本書の面白さを損ねるものではない。

「まさか、本作がそのヒントになったわけではないだろうが、現実に我が国の<偽造通貨犯罪>は増え続けており・・・、」とあるのもあながち考えられないことではない。

原料さえ手に入れられれば、この本の工程通り偽札を作ってみたい、そんな気にさせてくれる本である。

ちなみに一番手に入りにくい原料は、多分4年もののミツマタ(紙幣の紙の原料)だろうなあ。



タグ: 真保裕一
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

本 - e-bookoffでお買い物

e-BOOKOFFで文庫本を大量に購入した。

先日紹介した真保裕一の本と、以前読んだ「亡国のイージス」の著者、福井晴敏の本を読みたかったのである。


私の本の選び方はだいたい決まっている。
好きな本があればその作家の本はすべて読む、という形である。
ハインラインに始まり、アシモフしかり、ロバート・ソウヤーしかり。
日本人作家では宮尾登美子、田辺聖子、宮部みゆき、といったあたりだろうか。


今までは中古本もAmazonで購入していたのだが、AmazonではUSEDは1冊につき340円の送料がかかる。
高価なものを安く購入するには良かったが文庫本をまとめて注文するには向かないなあと思っており、また近所のBOOKOFFでは品揃えに不満があった。

そこでふと思いついたのが、オンラインのBOOKOFFである。

おーあるある。
送料も1500円以上で無料と良心的(というかAmazonと同じ)。

さっそく二人の作品を探す。
二人とも割と多作な作家のようで、1ページに収まらないほど並んでいる。
中には単行本のみであまり安くなっていない商品もあったが、文庫本は軒並み100円、160円でずらり。

安いものを選んで手当たり次第にカートに入れる。
結局25冊ほどで、3500円程度のお買い上げとなった。

商品が届き、状態の良さに驚いた。
中古の文庫本と侮るなかれ、BOOKOFFが買い取るだけあって、新品と言っても通用しそうなきれいな本ばかりである。


私が初めて文庫本を手に取ったときは、300円、400円台の本が多く、「文庫本て安いんだな。」というイメージがあったのに、今やだいたい600円ぐらいだろうか、ちょっと厚めだと800円を超える文庫本もざらにある。

e-BOOKOFF、お勧めです。



タグ: 買い物
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

CD - モーツァルト うつ病 - 薬減る。

朝起きれない日々が続いた。

気分は落ち込んでおらず、仕事にも前向きなのに、無理矢理起きてももうろうとして足元もおぼつかない。
月曜午前休、
火曜欠勤。

火曜の夜、ふと思った。「薬が多すぎるのではないか?」
半分に減らしてみた。

なんと効果はてきめん。
水曜はすっきり、睡眠時間5時間で4:30に目が覚めた。
正確には私にはちょっと短すぎるので、夕方には眠くてたまらなかったのではあるが。

今朝も目覚めは良く、また精神的にも落ち着いていて、たまたま今日が診察の日であったので、主治医に「こんな訳で薬を減らします。」と話してみた。

主治医とはもう7年のつきあいになるが、「前回はひどく悪くて、今回は薬を減らしても大丈夫、あなたの症状は本当に難しいですねえ。」と苦笑いされていた。
それでも薬を減らすことには賛成してくださった。

今までは週の初めの朝が特に具合が悪く、土日のうちから月曜日が不安であった。
でも、今は何か違う。これからは大丈夫なような気がする。

薬は処方通り飲んでもやっぱり何らかの副作用がある。はっきりしたものはなくても、それなりに体に負担がかかる。

一番多いときは朝昼夜寝る前と毎回10錠以上、一日40錠以上飲んでいた薬だが。
今は寝る前だけ、数えてみたら12.5錠だった(端数がでるのは半分に割って飲んでいる眠剤があるから)。

多分それだけ体も楽になっているのだろうと思う、そしてそれが精神的にも良い結果を生んでいるのではないかと思う。

まだ減らしてから日が浅いので抗うつ剤系は体に残っているが、日がたてばどんどん濃度が減っていってもっと楽になるかもしれない。

なぜか抗うつ剤が減ることで精神的に不安定になるという考えは浮かんでこない。これもいいことだ。

時期を同じくして、同居人がモーツァルトのCDを買ってきてくれた。

超天才モーツァルトの神秘

心身の調律師モーツァルト」


うさんくさ〜。

実は私はモーツァルトは聴かない。

え、でも・・・、なんかいい。
もしかして聴かず嫌い?

効果は後日報告します。
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

本 - 奇跡の人 by 真保裕一

最悪な一週間が過ぎた。

月曜日は一睡もしていなくて事務所でふらふらな一日を過ごし、
火曜日は反動で朝起きられず、午前休、
水曜日は中央線が遅れて遅刻。

そして土日とも同居人不在。
土曜日は千葉ピーナッツボール(トップページは音が出るので詳細ページにリンクしてあります)にてスカー・フェイス・プロジェクト、距離感はさみしさを倍増させる。

日曜。
昨年は多くのミュージシャンが亡くなった。
彼らの追悼ライブ、ということで7つくらいのバンドが集まり、錦糸町38にてイベントを行った。

これだけのプロのバンドが集まるイベントというのはそうそうあるものではなく、是非見に行きたいと思っていたのだが・・・、

家出られず。

月曜日からの一週間のことも不安だったし、疲れは抜けていなかったし、まあ一番の原因というのは、久しぶりの読書にはまってしまったことだったんだけど。

昨日ケーブルテレビで織田裕二主演の映画「ホワイトアウト」がやっていて、たまたま見てしまったのがきっかけ。

ホワイトアウトは原作で読んでいて、とても面白かったから、
「ああ、そういえば真保裕一の本、もう一冊読んでいないのがあったっけ。」と本棚をごそごそ。
目指す本を見つけた。

交通事故で脳死判定をされかかりながら命をとりとめ、他の入院患者から「奇跡の人」と呼ばれる主人公。
しかし彼は事故前の記憶を全く失っていた。
消えた過去を探す旅に出た彼を待ち受けていたのは残酷な事実・・・、静かな感動を生む「自分探し」ミステリー(あらすじより抜粋)。

「ミステリーはあまり興味ないんだけど。」
「ホワイトアウトとは感触が随分違うなあ。」
などと思いながら読み進める。

3mm(厚さ、ね)ほど読んだところではまりだす。

「あー、出かける準備しなきゃ。」と思いつつ、本から離れられず。

そして出かけるにはぎりぎりという時間、1.5cmくらいのところだろうか、
「衝撃の事実、その前にCM!」みたいな感じになっちゃって、
結局ライブをあきらめ、読み続けることを選んだ。

うーん、大どんでん返し。

北上次郎による本書の解説には「真保裕一のベスト1は、これ。」とあった。
わたし的にはどっちかと言われればホワイトアウトの方なんだけど。

どちらもお勧めです。

タグ:うつ病 読書
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。