2007年06月09日

本 - 終戦のローレライ by 福井晴敏 

うつ症状が抜けてくるにつれ、少しずつ日常生活ができるようになり、福井晴敏著、「終戦のローレライ」全4巻を読破した。
5/23のブログで大量に買った文庫本の一部である。

第二次世界大戦の絡む物語というのは実は苦手で、敬遠していたのであるが、二日半で4冊、かなりのハイペースで読み終わった時には目も頭も痛かった。そのくらい没頭してしまう本だった。

<1巻あらすじ>
1945年、夏。彼らは戦っていた。誰にも知られることなく、ただその信念を胸に。
昭和20年、日本が滅亡に瀕していた夏。崩壊したナチスドイツからもたらされた戦利潜水艦・伊507が、男たちの、国家の運命をねじ曲げてゆく。五島列島沖に沈む特殊兵器・ローレライとはなにか。終戦という歴史の分岐点を駆け抜けた魂の記録が、この国の現在を問い直す。第22回吉川英治文学新人賞受賞。

<2巻あらすじ>
深海に沈む特殊兵器ローレライ その計り知れぬ“力”は、人類を破滅に導くのか……。
この国に「あるべき終戦の形」をもたらすと言われる特殊兵器・ローレライを求めて出航した伊507。回収任務に抜擢された少年兵・折笠征人(おりかさゆきと)は、太平洋の魔女と恐れられたローレライの実像を知る。米軍潜水艦との息詰る死闘のさなか、深海に響き渡る魔女の歌声がもたらすのは生か死か。命の凱歌、緊迫の第2巻!

<3巻あらすじ>
その日、広島は核の業火に包まれた。人類史上類を見ない大量殺戮の閃光が、日本に定められた敗北の道を歩ませ、「国家としての切腹」を目論む浅倉大佐の計画を加速させる。彼が望む「あるべき終戦の形」とは?その凄惨な真実が語られる時、伊507乗員たちは言葉を失い、そして決断を迫られた。刮目の第3巻。

<4巻あらすじ>
「ローレライは、あなたが望む終戦のためには歌わない」あらゆる絶望と悲憤を乗り越え、伊507は最後の戦闘へ赴く。第三の原子爆弾投下を阻止せよ。孤立無援の状況下、乗員たちはその一戦にすべてを賭けた。そこに守るべき未来があると信じて。今、くり返す混迷の時代に捧げる「終戦」の祈り。畢生の大作、完結。

この著者の本を読むのは「亡国のイージス」についで2冊目である。

まず興味を引かれるのがあたかも潜水艦に実際に乗り合わせているような気分になる、緻密な描写。
戦闘で被害を受け、酸素不足に陥った際などの描写では、こちらも息が詰まりそうになる。

きっちりと練られた人物の背景。
けして少なくはない、むしろ多いと言える登場人物を誰一人として軽んずることなく、背景豊かに描いている。

ローレライとは?
冒頭部から伏線はあるものの、実際に明らかになったときは心底驚く。

そしてあるべき日本の終戦の姿とは・・・?


この人は若い人物を主人公に据えるのだろうか、亡国のイージスでも如月行がダブルメインの一人として扱われ(なんと如月行のスペシャル本まで出版されている)、本作でも17歳の折笠征人が主人公といってもいいだろう。

だからだろうか、この人は∀ガンダム(ターンエーガンダムと読む)の原作まで書いているようだ。

そちらも是非読んでみたい気がする。







posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

うつ病 - 友達って選んでいいんだ。

友達だと思っていた人と縁を切ることにした。
そう決めてしまったらすっきりした。

きっかけは私が悪かった。
でも「こういう訳だったの、ごめんね。」とメールした私に、「なんかずれてるんだよね。大人になりなよ。」と乱暴なメール。
そのあと直接会って「悪かったと思っている、ごめん。」って話したときも「病気なら私もなったことがあるからわかる。病気のせいにしないで。」、「前から友達にはなれないと思っていた。」と不機嫌あらわ。
あげくに、メールはいろいろ誤解を与えたりするから直接話したかった、という私に、「メールだってしっかり読み直せばちゃんとしたのが書けるでしょ。」。

はあ?どの口が言ってるんですか?

私は妙に冷静になってそれを聞いていて、彼女のばか騒ぎ的なノリも、酔ってはすぐに誰それかまわず悪口を言い出す態度など、私も好きになれなかったから、お互い様、と思っていた。

それが頭で割り切っても心は深く傷ついたようで、そのあと一週間私は立ち直れず、出勤もできず、電話も怖くて半分無断欠勤のような形で、電話線を抜いて、携帯の電源も切って、ただ時間がたつのをぼーっと見ていたんだけど。

こんなに長いうつ症状は1年ぶりぐらいだなあと思う。
せっかく半年くらい前から薬も減ってきていたのにまた悪くなっちゃったのかなと思う。

でも同居人にいわせると、確実に底上げされてはいるらしい。リストカットもしなかったし、OD(オーバードーズ:薬の大量服用)もしなかったし。

いろんな人が声をかけてくれた。「メールは人によって受け止め方が難しいのに、そんな無神経なメールを書くのはそっちの方がよっぽど大人じゃない。」、「そんな風にわかるっていう人は間違ってる。」、「そんな人とは友達でいる必要ないよ。」って。

一週間たって、そんなみんなの声に後押しされて、やっと立ち直った。
今の職場は辞めたくないから、来週からはちゃんと会社に行って「もう一度チャンスをください。」って話してみようと思った。
タグ:友達 うつ病
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

CD - モーツァルト大全集ピアノ協奏曲編

mozart1.jpg
さて先日、5/17のブログで紹介したモーツァルトであるが、不思議なことが二つほどわかった。
一つめ。繰り返し聴いても飽きない。
二つめ。別のことをしながら聴いていてもじゃまにならない。

繰り返して聴いていても飽きないというのは同居人にも聞いてみたところ同じことを言う。
二つめに関しては、私はながら族ではないため、たとえば本を読みながら音楽をかけておく、ということができない。
ところがモーツァルトに限ってそれが可能なのである。

CDで謳っていた、心を落ち着かせる効果があるかどうかははっきりはわからないが、少なくともこの2点についてはほかの作曲家とは違う!と驚きを持って認識した。

それと同時に私がモーツァルト聴かず嫌いだったことも判明した。
聴いていてとても気持ちいい。

それで改めて別のCDを購入してみることにした。amazonで売れている順、評価で当たりをつけ、購入したのはモーツァルト大全集 第5巻:ピアノ協奏曲全集(全29曲)
私はピアノコンチェルト好きーである。チャイコフスキーのピアノコンチェルト1番、ラフマニノフの2番、聴いていて時に電車の中で涙が出るほど心を打たれる。

期待に胸をふくらませ、商品の到着を待つ。
いつものamazonの箱が届き、開けてみる、と3cmほどのCDがぽつんと入っている。
あれ?12枚組じゃなかったっけ?と中を見ると、なんと薄い紙のエンベロープにCDが12枚。
はー、すばらしい簡易包装。

内容はすばらしい。ピアノ演奏者はアシュケナージさんだったり、内田光子さんだったり。
ほんとに繰り返して聴いても厭きない内容のため、実はまだ5枚目までしか聴いていない。
今のところお気に入りはCD3の3台のピアノのための協奏曲と2台のピアノのための協奏曲かなあ。

同居人はディベルティメント集がほしいと言い、私はピアノソナタ集がほしいと思っている。
一年遅れ(2006年がモーツァルト生誕250周年でいろいろな企画ものが発売された)でやってきた我が家のモーツァルトブームはしばらく続きそうである。
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

本 - 奪取 by 真保裕一

今回も前回に引き続き、真保裕一の本から。
「奪取」。

1260万円。友人の雅人がヤクザの街金にはめられて作った借金を返すため、大胆な偽札作りを二人で実行しようとする道朗・22歳。パソコンや機械に詳しい彼ならではのアイデアで、大金入手まであと一歩と迫ったが・・・。涙と笑いの傑作長編サスペンス。(上巻あらすじより)

ヤクザの追跡を辛うじて逃れた道朗は、名前を変え復讐に挑む。だがその矛先は、さらに強大な敵へと向かい、より完璧な一万円札に執念の炎を燃やす。コンピュータ社会の裏をつき、偽札造りに立ち向かう男たちの友情と闘いを、ユーモアあふれる筆緻で描いた傑作長編。予想もできない結末に思わず息をのむ!!(下巻あらすじより)

文庫本にして上下2冊というボリュームながら、一気に読み通せてしまうのは、軽快なタッチのなせる技か。
解説に「話を作るのも書くのも苦労せず、締め切りの催促なく、その前にほいほい渡していった。全編に見られるノリの良さ。」とあるのはふむふむと思う。

偽札造りの工程で紙すき、すかしの方法、印刷技術など緻密に説明しているのも興味深い。一点、私の理系の頭をフル回転させても理解できない部分があったが、それは私が印刷技術を知らないからであって、本書の面白さを損ねるものではない。

「まさか、本作がそのヒントになったわけではないだろうが、現実に我が国の<偽造通貨犯罪>は増え続けており・・・、」とあるのもあながち考えられないことではない。

原料さえ手に入れられれば、この本の工程通り偽札を作ってみたい、そんな気にさせてくれる本である。

ちなみに一番手に入りにくい原料は、多分4年もののミツマタ(紙幣の紙の原料)だろうなあ。



タグ: 真保裕一
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

丸ビルで秘書 - 負の遺産

さて一週間も無事終わった。
今週やっていたことは、負の遺産の整理である。

私が担当しているのはN先生とY先生、Y先生はまだ2年目であるが、秘書は私で3人目である。

秘書が変わるとそれなりに不自由なこともあるだろうと思っていたのだが、思いがけない負の遺産が待ち受けていたのは私だった。

引き継ぎの時、聞いていた気がする。「前の秘書さんがメインファイルをちゃんと作っていなかったから・・・。」

メインファイル、案件ごとのメール、その他通信のやりとりを一つのファイルにまとめたもの、普段はめったに使われることはないが、何かあったときの記録として重要な役割を果たす。

それとe-mail library、e-mailを案件ごとに分類してサーバーに保存したもの。

この二つが事務所として持つ、案件の主な記録先となる。通常の秘書の主な業務がメインファイルとe-mail libraryの作成である。

先週来、メインファイル、e-mail libraryがきちんと作成されていない案件がぼこぼこと出てきた。

昨日書いたように、私が行う業務として、今動いている案件の管理のほか翻訳がある。

だから過去の案件は後回しにしていたのであるが、今週、覚悟を決めて取りかかった。
とりあえず、比較的わかりやすい、某外資証券がらみのファイルから取りかかる。
うーん、ない。

メインファイルはとびとびだし、e-mail libraryに至っては空っぽである。
いいのかこれで???と思いつつ地道な作業に取りかかる。
過去の先生のメールボックスを一つ一つ検索し、一時作業所として作ったtemporaryにコピー。メインファイルと実際のメールをつきあわせて行く。足りないものはプリントアウトし、メインファイルに追加。

創造性のない、と言ってしまえばそれまでだが、こういう地道な作業が事務所を支えているんだろうと納得しつつ、ひたすら検索、突き合わせ、プリントアウト、ファイリング、e-mail libraryへの保存を繰り返す。
本当に、ひたすら地道な作業である。

どこの企業でもそうだが、クローズした案件の管理は実は進行中の案件の管理よりもやっかいだ(と思う)。
前職の金融機関でも最長35年という期間で金銭を貸し付けるため、とてつもなく古い案件ファイルが紙もぼろぼろになって残っていたりする。
そしてだいたい事務所内ではスペースが取れないため、外部の倉庫に預けていたりする。
そういう案件が、たとえば不良債権として持ち上がった際、まず貸し付けた当時のファイル探しから始まる。

冗談のような笑えない話であるが、その金融機関では一冊のファイルが本棚の後ろに落ちて見えなくなってしまっていたため、何億という金銭が時効を迎えてしまった、ということもある。

まあそんなわけで、過去案件とはいえおろそかに出来ないということを身をもって知らされた、疲れる一週間であった。
タグ:秘書 丸ビル
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秘書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

丸ビルで秘書 - 翻訳の仕事

私が勤務しているのは外国法共同事業弁護士事務所である。
だからかどうかわからないが、弁護士がニューヨーク州の弁護士資格を持っていたり、若い先生が米国のロースクールに留学したりする。

私の履歴書は英語が出来るように見える。
10年以上前にとった英検準1級。最近のオンラインTOEIC模試の結果、840点。大学受験時は英語が武器。

でも、実際に英語を使って仕事をしていない私にとっては英語は使えるものではない。
英語の電話を受けて、あわてふためいて対応したり、外国人のビジターに話しかけられないよう、通り道を変えたり、情けない。

そんな私になぜか翻訳の仕事が降ってくるようになった。
不動産をファンド化したときの、匿名組合契約の英訳。
といっても正確には以前他の人がやった英文契約書を所々修正していけばいいだけのことである。
といっても所々ない頭をひねって英文を作らなくてはいけないところもある。

不動産売買契約?信託受益権譲渡契約?
過去の英訳例を見ながらひねり出す。

一回目の結果がそれほど悪いものではなかったようで、順次英訳を頼まれるようになった。

秘書の仕事はだいたいは注意力や気配りは必要だが、そんなに頭を使うものではない。そんな中で英訳の仕事はなんというか、アクセントというか、メリハリを与えてくれる。


ところが。
今朝、もう一人の先生から、短くはあるが一からの英訳を頼まれそうになった。クライアントからの依頼内容を英訳してロンドンに送ってほしいというのである。

「正常債権、意味わかる? 回収ってわかる?」
「わかります(だって10年も金融機関にいたんだから)。」
「英語では回収はcollection、ちがう、そこrじゃなくてl。債権はなんたらかんたら。」

あわててメモをとる私を先生はふふっと鼻で笑った。
「英語、苦手?」

結局米国の大学を卒業している別の若い先生に頼むことにしたのだが、うーん、悔しい。

隣の席の秘書さんは「これ英語にして。」とこともなげに頼まれている。だって彼女は留学していたし。

英語は日々の努力だとはわかっている。
英文契約書をもっと読まないといけないなと思う。
オンライン英会話englishtownも登録してフルタイムになる前は毎日やっていたけど。

今はまだそこまで余裕ないです。

−−−−−−−−−−−
便利なサイト
日本の国内法の英訳

http://homepage2.nifty.com/paper/lawcollection.htm
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秘書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

買い物 - EDIROL R-09

edirol_r09red.jpg同居人への遅い誕生日(ほんとは3/25)プレゼントに、EDIROL R-09を買った。
家電製品を買うときはいつものことだが価格.コムで丹念に価格、送料、店の評価などをチェック、結局あきばお〜で購入した。

一つ注意。あきばお〜、あきばんくなどの通販サイトでは、決済にクレジットカードを使うと5%〜8%という手数料を取られる。これでは安いお店を探した意味がない。評価を見た上で、信頼できそうだったら必ず銀行振り込みにしましょう。あきばんくでは楽天経由であればクレジットカードでも大丈夫ですが、商品の値段が若干高くなります。

届いてわくわくしながら開けてみる。
予想以上の小ささと軽さに驚いた。

同居人、早速取説とにらめっこ。
付属のSDカードが64Mで、レートを下げても25分程度しか録れないそうだが、今日の銀座ケントスでのスカー・フェイス・プロジェクトの演奏を録音してきてくれることになった。

お目当ては1ステで必ずかかるTさんの歌うSuger pie hanny bunch。
詳しい歌詞は後日調べるが、恋人をお菓子の名前で呼び、君を思う気持ちが抑えられない(多分こんなことを言っているんだと思う)、とコミカルに表現するその歌が大好きなのだ。

同居人帰宅、早速データをもらう。

mp3形式で保存されているため、USBケーブルでつないであっさりデータ移動。即、Real Player で鑑賞。

うふ。
思った以上にいい感じです。

これでTさんの歌声を家でも楽しめる〜、と、プレゼントのはずだったのにすっかり私が楽しんでしまった。

タグ:買い物 R-09
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

音楽 - MUMU 

2007_0525MUMU0001.JPG2007_0525MUMU0032.JPG2007_0525MUMU0033.JPG







金曜日、やっと週末。

今日はいろんな意味ですばらしい日であった。

まずはお仕事。
2年ぶりのフルタイム勤務一週間皆勤。
2年前に10年勤めた会社をうつ病で辞めてからというもの、17時から5時間勤務だったナイトセクレタリーを除くと、朝からのお仕事はどうもうまくいかなかった。

それが薬を減らして調子よく、なんと無遅刻無欠勤。
レベルの低い話ではあるが、普通の人にはわからないだろう、毎日朝起きて、家を出ることのつらさ。
それを乗り切った。素直にうれしい。


お次はMUMUライブ。

同居人中根信博が参加しているドラム、キーボード、トロンボーンという何とも不思議な組み合わせのユニット。

演奏される曲はすべてドラム植村昌弘によるものでありアングラというかプログレというか・・・、私にはよくわかりません。迫力あり見応えありということは言えるので、是非一度ライブにお運びください。

久々のワンマンライブであり、楽しみにしていた。

もう一つ楽しみがあった。植村さんが私をモチーフに曲を書いてくれたとのこと。
いわく、躁鬱病患者の気分の浮き沈み、そして私の人となり(有り体に言えば、でぶ)を表現したとのことで、彼の中では最近の久々のヒットだそうだ。

月末の金曜日は事務所でフライデーパーティーがあるため、ぎりぎりに入谷なってるハウスへ。

お、意外にお客さん入ってる(8人くらい?)。

今日のセッティングはトロンボーンのベルが30度振りくらいでこちらを向いている。

始まる。
同居人の調子も良いようだ。スピーカーから出る音と、ベルから出る生音が混じり合っていい感じ。

2曲目。私の曲。2007年の5番。
トロンボーンが私の重さを表現しているらしいが、いいじゃん。かっこいいじゃん。

無事1部が終わり2部へ。
同居人、明らかにパワーダウン。
あれっと思って終了後に聞いてみると、最近は対バンばかりだったため、ペース配分を間違えたとのこと。
それでも後半は持ち直し、無事終了(ほんとは無事ではなかったらしい、植村さんも結構間違えたって言っていたけど、私にはわからなかった)。

いい気分の同居人はおいしそうにライブ後のビールを飲む、そして焼酎を飲む。

帰り道はいつもの通り、酔っぱらいを連れて帰るのに大変であったが、
非常に充実した一日であった。







タグ:音楽 ライブ
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

本 - e-bookoffでお買い物

e-BOOKOFFで文庫本を大量に購入した。

先日紹介した真保裕一の本と、以前読んだ「亡国のイージス」の著者、福井晴敏の本を読みたかったのである。


私の本の選び方はだいたい決まっている。
好きな本があればその作家の本はすべて読む、という形である。
ハインラインに始まり、アシモフしかり、ロバート・ソウヤーしかり。
日本人作家では宮尾登美子、田辺聖子、宮部みゆき、といったあたりだろうか。


今までは中古本もAmazonで購入していたのだが、AmazonではUSEDは1冊につき340円の送料がかかる。
高価なものを安く購入するには良かったが文庫本をまとめて注文するには向かないなあと思っており、また近所のBOOKOFFでは品揃えに不満があった。

そこでふと思いついたのが、オンラインのBOOKOFFである。

おーあるある。
送料も1500円以上で無料と良心的(というかAmazonと同じ)。

さっそく二人の作品を探す。
二人とも割と多作な作家のようで、1ページに収まらないほど並んでいる。
中には単行本のみであまり安くなっていない商品もあったが、文庫本は軒並み100円、160円でずらり。

安いものを選んで手当たり次第にカートに入れる。
結局25冊ほどで、3500円程度のお買い上げとなった。

商品が届き、状態の良さに驚いた。
中古の文庫本と侮るなかれ、BOOKOFFが買い取るだけあって、新品と言っても通用しそうなきれいな本ばかりである。


私が初めて文庫本を手に取ったときは、300円、400円台の本が多く、「文庫本て安いんだな。」というイメージがあったのに、今やだいたい600円ぐらいだろうか、ちょっと厚めだと800円を超える文庫本もざらにある。

e-BOOKOFF、お勧めです。



タグ: 買い物
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

音楽 - ハイジャック

2007_0518SFP0037.JPG一昨日の木曜日、診察が終わった私は新宿ケントスへ。

その日はハイジャックのトラで同居人と5/7のブログで出てきた五反田靖さんが乗った。
同居人はハイジャックのトロンボーン、おおはらさんの常トラ(レギュラーのおおはらさんが出演できないときには常に参加するトラ)で、
五反田靖さんもトランペットの常トラである。

どちらもトラである二人が同日にハイジャックのステージに立つのは珍しく、是非見たかったのであるが・・・。

体力なし。

前の日睡眠時間が足りなく、フルタイムで仕事をして、病院に行って、ケントスにたどり着いたときはもはやふらふら。

「帰って寝たい〜。」とさんざん悩んだが、
せっかくだから写真撮りたいし、1ステージでも見ていこうと店内へ。

そして同居人登場。
あたふたと譜面のページをくり、演奏中は譜面がん見、笑顔なし、ダンスもぎこちなかったり・・・。

ププ。笑える。

もう少し余裕のない同居人の姿を鑑賞していたかったところではあるが、こちらも体力に余裕なく、同居人に「笑顔でね。」とアドバイスし、1ステで帰ることにする。

また機会あるし。お疲れ様。






タグ:音楽
posted by marimari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。